現在のページ

  1. ホーム
  2. 会社を設立される方へ

会社を設立される方へ

独立・開業、会社設立される方を応援いたします

新納会計事務所では、公認会計士・税理士・社会保険労務士・提携司法書士が、会社設立登記の手続から、助成金や社会保険の申請、会計処理・税務申告まで、フルサポートいたします。

会社設立登記費用

当事務所に設立登記をご依頼いただいた場合、手数料は50,000円ですので、ご自分で設立される場合と比べても5,000円多く負担するだけです。
設立にかかる時間も含めると決して高くはありません!

(単位:円)

  自分で設立された場合 当事務所にご依頼いただいた場合
定款認証手数料
定款謄本代
収入印紙
登録免許税
手数料
合 計
  • ※消費税は含まれておりません。
  • ※税務顧問契約締結のお客様に限ります。

さらに、当事務所では、創業支援顧問料特別制度を設定し、創業者の方を支援しております。

詳しくはこちらから

新納会計事務所で設立 3つのメリット

  1. 1.会社設立時の節税対策アドバイスを受けられる!
  2. 2.助成金で創業資金を調達!
  3. 3.設立後の届出書類作成を無料サービス!

会社設立時の節税対策アドバイスを受けられる!

会社設立時の税務上リスクをご存知ですか?

例えば・・・・

税務署への届出書を出し忘れた!
青色申告書の提出もれで青色申告控除が受けられず、余分な税金を納める羽目に・・・
決算期を適当に決めてしまった!
税金や社会保険料の支払時期を考慮せず決めた結果、資金繰りが大変に・・・
消費税のことを考慮せず資本金を決めてしまった!
消費税が免除になるのを知らず、多額の納税が発生してしまった・・・
役員報酬を感覚で適当に決めてしまった!
過大又は過少だったために、余分な税金を納める羽目に・・・
個人事業か法人化か決めるのに税務上のことを考慮せず決めてしまった!
専門家のアドバイスを聞かずに法人化してしまったため、納税額が増えてしまった・・・

このように会社設立時には重要な税務上のリスクがあります。

会社設立代行業者に設立を依頼された場合、税務の専門家である税理士のサポートがないので、税務上のリスクが高いといえます。

当事務所では、設立時の節税対策をしっかり行い、税金を払いすぎることのないよう、適切に対応いたします。

助成金で創業資金を調達!

会社設立時や社員雇用時には、もらえる助成金がいろいろとあります。

注意が必要なのは、設立前に申請手続をすることです。設立手続終了後にそのことを知り、もらえるはずの助成金がもらえなかったということがないよう、ぜひ当事務所に活用できる助成金の診断をさせてください!

設立後の届出書類作成を無料サービス!

会社設立後はわからないことだらけで大変!

  • 「税務署への届出書類はいつまでにどこに提出すればいいかわからない」
  • 「給与計算はどうするのか」
  • 「会計はどうするのか」

当会計事務所は税理士・公認会計士・社会保険労務士がおりますので、上記のような設立後の不安もすぐ解消、税務会計・人事労務面においてフルサポートできます。

税務顧問契約締結のお客様に限り、設立後の届出書類作成を無料で行っております。

個人事業か法人化か迷っておられる方へ

新たに事業を始めるのに個人事業か法人化か迷っておられる方、個人事業を法人化しようとお考えの方、ぜひ当事務所に一度ご相談下さい。

どちらがいいか専門家が判断し、ベストな提案をさせていただきます。

法人化のデメリット 法人化のメリット
  • 交際費が全額必要経費にならない
  • 法人住民税・社会保険料の負担が増える
  • 設立費用がかかる
  • 給与所得控除を利用できる
  • 所得の分散ができる
  • 経営者の退職金・生命保険料を必要経費にできる
  • 消費税が最大2事業年度免税となる
  • 赤字を7年間繰り越せる
  • 社会的信用が大幅にアップする
  • 銀行融資を受けやすい

トップへ戻る